身近な自然  

2017年4月26日水曜日

身近なスミレ

スミレの季節もピークを過ぎたが、まだまだ見られる。この春見たスミレをまとめてみた。

庭のスミレたち

ノジスミレ
毎年3月、他のスミレよりいち早く咲くスミレ。アスファルトの隙間から可憐な花を咲かせているど根性スミレ。

ヒメスミレ
庭のあちこちで咲いている小さなスミレ。花弁の紫のすじが特徴的。葉の裏も紫がかっている。

アリアケスミレ
ヒメスミレに混じってチラホラ咲いている白いスミレ。花弁3枚(側弁、唇弁)にきれいな紫の条が美しい。人の住んでいる所では普通に見られるのに、雑木林や山では見られないスミレ。

ツボスミレ(ニョイスミレ) 
余りにも小さいので見過ごしがちだが、庭の片隅にひっそりと咲いている。


雑木林のスミレたち

タチツボスミレ
雑木林の林縁などでもっとも多く見られるスミレ

群生しているタチツボスミレの中に白っぽい変異のスミレも見られた

ニオイタチツボスミレ
タチツボスミレの花よりやや小さく丸みがあり、名前の通り、いい香りがする。


アカネスミレ
距が長く、葉がスプーンのような形状なのが特徴

スミレ
名前がただのスミレ。一番スミレらしいスミレと思う。マスミレなどという人もいる。立ち姿が美しいので、タチスミレなんていいなと思ったりするが、タチスミレは別にあるのでNG。

マルバスミレ
雑木林で唯一の白いスミレ


2017年4月24日月曜日

クロツグミの声、ウグイス、シメ

今朝の夏鳥は滞在中?のセンダイムシクイ&コサメビタキ、そしてちょっとだけ立ち寄った感じのクロツグミだった。声はすれど姿は見えずで、林の中を鳴いては移動しているようだった。朗々としたさえずりが響き渡っていた。いいお声。
      声 → こちら

チャチャの笹鳴きのウグイスが珍しく姿を現した。ホーホケキョと鳴かない。そのわけが判明。2羽いたのだった。すでにペアを形成していたらしい。声をふりしぼってホーホケキョと鳴く必要がないというわけね。
梅にウグイスならぬ桜にウグイス


シメも毎日のように見かける。5月になってもかなり遅くまでいる。嘴が鉛色になっていた。

2017年4月23日日曜日

キビタキ、イカル

キビタキ初認。今日もセンダイムシクイ、コサメビタキもいた。これから5月にかけて、夏鳥の通過が続く。


連日イカルの声。今日は地上に降りていた。何をしているのやら。5羽いたようだ。


2017年4月22日土曜日

ヒメハラナガツチバチ、倒木の上に&中に....

タンポポにヒメハラナガツチバチの♀が二匹きていた

林内の倒木の上に....
薄青色の卵(ウズラ大)、天敵にやられてのだろうか?ムクドリの卵かな?もう少し濃い青だったように思うが......

こちらの倒木には古い鳥の骨が..  オオタカの仕業か.....

倒木の中に....エイリアン? アマガエルだった。



ヤマガラ、ツグミ

今日の夏鳥はセンダイムシクイの声のみ。同じ個体がしばらく滞在しているのか、毎日声が聞こえる。イカルはまだいる。シメの姿もあった。ヒヨドリ、メジロは花が散って花しべだけになっているサクラにやってきていた。まだ蜜は残っている?

今日は珍しくヤマガラが見られた。冬の間は見られないが、以前にも4月に確認したことがある。4月にくる目的は?この木は多分イヌシデだと思う。この木に執着して枝から枝へ飛び回っていた。イヌシデの雄花を食べるとは思えない。イヌシデにつく虫って?何じゃ。

ヤマガラ



静かになった庭にまだ毎日ツグミが来ている。そろそろ北帰行する頃。


虫がそんなにいるとは思えないが、嘴で地面をつっいている。あ、なにやら嘴に......。拡大してみると....。ボケているが、どうやらコガネムシの幼虫のようだ。へぇ~、よく分かるもんだ。

栄養をつけて、まもなく旅立つ。また秋に会いましょう。

2017年4月21日金曜日

ホオアカ、ダイサギ、ノスリ

細ケ沢川の右岸を歩いていたところ、小鳥が対岸に止まった。ホオジロのようだと思って、双眼鏡で覗いてみると、あれ?ホオジロとはちょっと違う。まさかホオアカ?? 隠れるところがない場所なので、なかなか近づけない。なんとか証拠写真を撮る。ここでホオアカを見るのは初めて。先日見たノビタキと同様、ホオアカにとっても渡りのコースになっているのかもしれない。一期一会の出会い。じっと止まっていたので確認できたが、ホオジロと思って見逃していたかも。ラッキー\(^o^)/。



堰の近くにいたダイサギ ちょっといい風景


ノスリが電線に止まって、じっと下を見つめていた。ネズミでもいたのかな?


ニホンカワトンボ初見

細ケ沢川近くで今年初のトンボを確認。羽化したばかりのようだ。意外に早い出現。

ニホンカワトンボ褐色型

2017年4月20日木曜日

今日の昆虫 ツマキチョウ、アカハネムシ、クロクサアリ、クマバチの巣

ツマキチョウが増えてきた。うちの畑脇で羽化したのだろうか。♂が飛んでいた。

林内でアカハネムシに出会った。初甲虫なり。

コナラの根元の穴周辺でアリの大集団が見られた。黒光りしているアリ。クロクサアリだと思う。

ショカッサイでクマバチが吸蜜していた。飛んで行く方向を見ていたら、姿が見えなくなった。不思議?と思って消えた付近を見たら、枯れた枝が落ちていた。丸い穴があいている。クマバチの巣らしい。持ち上げてみたら軽い棒。この中で冬越しをしたようだ。以前樹木の枯れた枝に穴をあけているクマバチを見ているが、どこにでも転がっていそうな枝で巣作りしていたとは...(@_@;)。

この棒を家まで持ち帰り、畑の脇にあるショカッサイの花畑に置いて様子をみることにした。穴の上の部分を開けたところ、薄くなっている穴まで壊れてしまった。途端、警戒音を発してクマバチが飛び出してきたのでびっくり。ピューと飛んで行ってしまった。夕方ライトを当てておそるおそる穴の中を覗いてみたら、♂のクマバチが戻っていた。中に一緒に越冬した兄妹がいるのかもしれないが、割ってみるわけにもいかないので不明。

夏鳥飛来 & イカル、アオジ

夏鳥の第一陣がやってきた。

4月18日 センダイムシクイ初認
4月19日 コサメビタキ初認

今日はセンダイムシクイは複数きていたようだ。姿も確認できたが、かなり高い所でチョロチョロしていたので、写真は無理だった。

可愛らしい声が遠くから響いてきた。イカルの声だ。探してようやく見つけた。夏鳥が来るころ、毎年のようにイカルもやってくる。いつもはサクラに止まっていることが多いが、今日はコナラにいた。イカルが桜の終わったころにやってくるのは何故?ソメイヨシノはほとんど結実しないので、実が目的ではなく花しべを食べにくる?


移動中のアオジがここ数日滞在中。アトリも2日ほどいたが、すでに移動したようだ。

2017年4月17日月曜日

エナガ

連日エナガと出会う。そろそろヒナが孵っている頃だと思うが?可愛らしい幼鳥に出会うのを楽しみにしている。親エナガの尾がまっすぐに戻るのももう少しの辛抱だね。

昨日は林縁で頭の黒くなったカシラダカが数羽見られた。終認かもしれない。今日は林内でアトリの集団が見られた。移動中らしい。これも終認かな?冬鳥が去り、そろそろ夏鳥がやってくる。

ヒオドシチョウ、キアゲハ、ツマキチョウ&ツマグロヒョウモン幼虫

チョウが増えてきた。雑木林ではヒオドシチョウが連日見られる。今日はテリトリ争いなのか、ヒオドシチョウ、アゲハ、キアゲハが橙色、白色、黄色三つ巴でバトルしていた。珍しい光景だった....。

ヒオドシチョウ

15日に見たのは別個体 どちらも♂らしい

きれいな個体のキアゲハ

ツマキチョウ初認
散歩コースでクマバチが飛んでいたので、ひょっとしたらツマキチョウが見られるかもと期待していたら、林縁で♀に出会った。私の感覚ではクマバチ=ツマキチョウ この感覚は当たっているようだ。しかしほとんど止まってくれず、遠くから一枚の証拠写真のみ.....。他にテングチョウも見られた。次の初認のチョウは何だろう、楽しみ。

ツマグロヒョウモン幼虫
小枝をシュレッダー処理していたら、枝についていたのか、ツマグロヒョウモンの幼虫が!幼虫で冬越しをしたらしい。スミレ(勝手に増えている外来のスミレ)と一緒に飼育箱に入ってもらった。