身近な自然  

2017年5月24日水曜日

ニホンカワトンボ♂

こちらはまだ成熟していない個体

こちらは成熟してお腹が白く粉をふいている

クモ3種 アリグモ、マミジロハエトリ、クロスジオチバカニグモ

葉上にいるクモも多種多様。人の気配にすぐ葉裏に身を隠す。

アリグモ
アリそっくりのハエトリグモの一種。1センチにも満たない大きさなので、アリと思って見過ごしてしまうが、雄は大顎が大きいので、さすがにアリとは思えない。♀は昔確認したものの、その後見ていないので見過ごしているのだと思う。


2006年4月29日に見た♀ 脚を勘定しなけりゃ、どう見てもアリでしょ。前の脚を触角に見せかけたりするので、脚の勘定も間違う^^;。

マミジロハエトリ♀ 葉上でよく見るクモ 何となく愛嬌がある

クロスジオチバカニグモ? コフキゾウムシをゲットしたらしい。へぇ~。

蛾5種 ホソオビヒゲナガ、ユウマダラエダシャク、マエキトビエダシャク、ウスキクロテンhメシャク、キナミシロヒメシャク

蛾も増えてきた。翅の色、模様もいろいろ、なかなか美しい。シャクガが多い。

ホソオビヒゲナガ♀ ♂を探したが見つからず...

ユウマダラエダシャク

マエキトビエダシャク
庭のカポックにやってきた。葉の裏に朝の6時前から夕方の6時まで同じところでジッと止まっていた。夜活動だろうか。

ウスキクロテンヒメシャク

キナミシロヒメシャク(多分)
上のヒメシャクとよく似ているが、微妙に模様が違う

2017年5月20日土曜日

シジュウカラ

雑木林ではシジュウカラがよく鳴いている。どこに巣があるのだろうと探して見つかるものではないが、高い木のウロにでも巣を作っているのではと想像していた。

今日林内を歩いていたら、声もなしにシジュウカラが横切り、枝に止まって鳴いた。双眼鏡で見ると口にイモムシをくわえていた。近くに巣があるらしい。木のウロなんてなさそうだしと思いつつ、大きな木に隠れて見ていると、なんとシジュウカラは木の切り株に飛んできて、消えたのだった。しばらくすると出てきて、また飛んでいった。急いで切り株に行ってみた。え?こんなところで子育てしてるの?

親が戻ってきてはマズイので、近くの木の陰から様子をうかがっていると、親が飛んできて、切り株に入っていった。ヒナの声は聞こえないが、この切り株のウロの奥にヒナがいるらしい。こんな低い切り株に作るとは、ちょっと驚いた。ヘビに見つかったらひとたまりもないね。無事に巣立ちますように.....。人間が邪魔をしてはいけないので、そそくさと離れた。

餌はクモ?

出るときはヒナのフンを運ぶ


ハナグモ、ヤブキリ、クヌギカメムシ

待ち伏せして獲物を狙うハナグモ♀ アブを捕らえていた

ヤブキリの幼虫 複数見られた

クヌギカメムシの一種

2017年5月18日木曜日

エゴツルクビオトシブミ

先日ようやくエゴツルクビオトシブミの揺籃を見つけた。作ったばかりの揺籃だ。

今日、雨上がりに探してみると、たくさんあるエゴノキの中に揺籃がぶらさがっているのが結構見つかった。今年は涼しい日が多かったせいか、例年より遅く、5月も中旬になって揺籃づくりが始まったようだ。作り主を探したが、なかなか見つからない。ようやく一本のエゴノキの葉上にいる♂を発見した!次は♀の揺籃づくりを見たい。2002年の様子


2017年5月17日水曜日

オオヨシキリ、スズメ

今日、雑木林でキビタキの地鳴きを聞いた。ひょっとしてずっといたのだろうか。シメがまだいた。

桃ノ木川や細ケ沢川ではオオヨシキリが競って鳴いている。密度が高い。しばらく競演が続く。

散歩していると、民家の屋根付近からスズメのヒナの声がさかんに聞こえてくる。スズメの子育て真っ最中のようだ。隣家の瓦屋根の隙間でもひっきりなしにヒナが鳴いており、親が休む間なく餌を運んでいるのが見られる。

この狭い隙間に入っていった

庭には別の親子か、すでに巣立ったヒナを連れて毎日やってくる

2017年5月14日日曜日

ヒメクロオトシブミの揺籃づくり

去年は4月23日が初認だったが、今年は探してもなかなか見つからなかった。12日ようやくノイバラにいるのを発見。そして今日は揺籃を作っているところに出会った。


葉を切ってしおらせ、これから巻くところ。せっせと作るのは♀の役目。

揺籃が出来上がるまで一時間以上かかるはず....と思い、他を回ることにした。1時間10分後戻ってみると、ありゃ、きれいに出来上がっていた!ちょっと遅かった。そばに作業を終えた♀(多分)の姿。お疲れ様。

出来たてほやほやの揺籃。きれいに巻かれている。ただ巻いただけではほどけてしまうので、巻き上げの最後に葉の内側の部分を反対側に折り返してある。虫わざとは思えない精巧さ!

左側にいるのは♂かな?

2002年5月5日に見た揺籃づくりの様子
作るは♀、ただ見つめるだけ(見張っているだけ)の♂


追記:翌日同じ場所に行ってみると、前日の揺籃の隣でもう一つ作っていた。見張りの♂はおらず、♀がせっせと最後の仕上げをしていた。

完成かな?

ニホンカワトンボ、ヒメマイマイカブリ、アカサシガメ

雑木林の水路で少数ながら毎年見られるニホンカワトンボ。褐色翅型の♂も見られたが、画像は無色翅型の♀

林縁でヒメマイマイカブリに出会った。会うとちょっと嬉しい甲虫。雨あがりのせいか、光っていた。去年の11月末以来の出会い。

カナムグラの上にいたアカサシガメ♂

コチャバネセセリ、ダイミョウセセリ、アカジママドガ

チョウ目も増えてきた。

コチャバネセセリ
羽化したばかりらしく、パッと飛べないようだった。


ダイミョウセセリ
複数見られた

アカジママドガ
この変った止まり方はメイガかマドガ

ゾウムシ4種 オジロアシナガ、シロコブ、コフキ、ニセコナラシギ

5月も中旬になり、雑木林ではゾウムシが増えてきた。

オジロアシナガゾウムシ 
4月末にはすでに見られた。

本当にゾウさんそっくり

シロコブゾウムシ
これから夏にかけてクズ、ニセアカシアでよく見られる

ゴロリ

コフキゾウムシ
クズの葉で普通に見られる小さなゾウムシ

ニセコナラシギゾウムシ
去年は7月にやはり下草の上で見ている。クリシギゾウムシとそっくりなので、どちらなのかは分からないが、クリのないところなので、ニセコナラシギと判定。とても小さい。見た目では、この口吻でどんぐりに穴を開けるとはちょっと信じがたいほど細く見える。画像で拡大してみて、それなりにしっかりとした口吻とわかる。手にとっても死んだふりしないのねぇ~。


2017年5月13日土曜日

オランダフウロ初見

先日上武道路脇を歩いていたら、見たことがない植物に出会った。葉はロゼット状で、花は紫がかったピンク。なかなか美しい。多分外国産に違いないと思い、手元にある「江東区の野草」をめくってみたが、載っていない。手元の図鑑たちには載っていない植物のようだ。


見当をつけて、朝日百科の「植物の世界」を調べていたところ、No.30のフウロソウ科のオランダフウロらしいと判明。日本には江戸時代末期に渡来した帰化植物とのこと。今までお目にかからなかったのが不思議。上武道路工事の際、土砂に種が紛れ込んでいたのかも?

属名はギリシャ語でアオサギを意味するerodios(エロディオス)に由来するとのこと。果実の形がアオサギの嘴と頭に似ていることからきているらしい。興味深い。種を探してみよう。
学名 Erodium cicutarium