身近な自然  

2018年4月17日火曜日

キジ、ノビタキ、オオジュリン、カワラヒワ、イワツバメ

民家そばの畑の脇でキジのペアがのんびりと採餌していた。今の時期、あちこちでキジのケーンケーンが聞こえる。繁殖真っ最中のようだ。


細ケ沢川ではノビタキ、オオジュリンの姿がまだ見られる。しばらく滞在中なのかもしれない。ヨシではノビタキ、オオジュリンの他、アオジ、カワラヒワたちが混在してにぎやか。イソシギらしい水鳥が上流へ飛んで行くのが見えた。
ノビタキ♂

オオジュリン♀

カワラヒワ 常に集団

イワツバメたちは古い巣をリフォーム中のようで、抱卵はまだのよう。造る場所はたくさんあるのに、3軒がくっつきあっている巣もある。

右の2羽は古巣が手に入らず?、ここに新居を造るつもりかな?橋桁では新しく作っている巣は今のところ見られず、古巣争奪合戦が続いている?

2018年4月14日土曜日

ノビタキ

ノビタキの渡りが続いているようで、今朝は雌が見られた。いつもは複数なのに、今回も単独?


2018年4月12日木曜日

夏鳥飛来(1)センダイムシクイ

夏鳥たちがやってくる季節となった。いつも飛来は4月中旬過ぎから始まるが、今朝、早々とセンダイムシクイを初認。7日には同じ雑木林でオオルリが通過していったとのこと。今年は早いようだ。シデの梢で動き回りながらさえずっていた。

ボケたが.....証拠写真

例年より早く葉が広がっているので、高い梢をチョロチョロする小鳥を撮るのは至難の技なり。

ツグミ、シメ、コガモ食痕?

ツグミたちが北帰行の相談かな.....?
シメたちも....
桃ノ木川で羽づくろいをするコガモ
その近くでハシブトガラスがなにやら食べている.....
何と、コガモらしい食痕が.....。タカに襲われたのだろうか。残り物をカラスが食べているらしい。その近くではコガモたちがのんびりと羽繕い。これが自然界....。

2018年4月11日水曜日

まだ咲いている桜

細ケ沢川の橋のところで咲いていたど根性さくら。アスファルトの脇でしっかり根を張っているようだ。園芸種?


公園の脇で咲いていたウコン桜?御衣黄?
4/7

4/11 今日見ると、赤い条線がはっきりしてきたので、御衣黄かな?

その他園芸種2種